投稿日:2017/10/16 |最終更新日時:2017/10/13

日刊ゲンダイに日本カジノ学院が取り上げられました!カジノディーラーNEWS

日刊ゲンダイ様に先日、旬な日本の情報として日本カジノ学院を取り上げて頂きました。2016年にカジノ法案(IR推進法案)が国会で可決され、日本でもカジノがIRとして解禁されることが薦められています。

カジノディーラーの需要がかなり高い!

 

 

カジノは海外で既に140カ国の国と地域で親しまれており、その国々では観光産業として多くに普及されています。日本では今まで賭博というイメージが強すぎるカジノは牽引されがちでしたが、実際はそうではないです。

もっといってしまうと「パチンコ」や「宝くじ」「競馬、競輪、競艇」など、日本には日本人を対象としたギャンブル要素の強い娯楽が溢れかえっており、気付かないだけで既に日本にはギャンブル文化が根付いてしまっています。

カジノはギャンブル?

 

カジノ=ギャンブルと強く思われてしまう方が多いかもしれませんが、それは物凄くもったいない。カジノは世界中の人たちに認識されている観光施設であり、大人の社交場としても広く活用されています。

そのため、観光国のシンガポールやラスベガス、マカオなどといった国では世界中の国の人たちが観光の一つとして遊びに来ます。その恩恵は莫大で、多くの雇用が生まれ、カジノの税収も上がり、その国の経済を支えています。

一概にカジノはダメ!というのはイメージが優先してしまうため、今は仕方がありません。しかし、イメージとは裏腹に実は凄く良いものということを多くの方が知っていただけるようにこれからも普及に励みたいと思います。