投稿日:2017/10/05 |最終更新日時:2017/12/07

日本の大手上場企業のカジノディーリング研修を日本カジノ学院で行いました!

日本でカジノに最も敏感な企業の1つが出資をしている韓国の仁川(インチョン)の場所にある「PARADISE CITY」に日本から送るディーラーを日本カジノ学院で研修しています。

 

 

日本人ディーラーの養成と派遣

今回は全3回に分けてのカジノ研修を行っています。全く知らない方から、既に派遣先でカジノディーラーを経験されている方。総勢20名以上の方が研修を受けています。

 

本日はブラックジャックのみを1からレクチャーし、海外でのルールやハウスによっての違い、カメラシステムの動きやミスをした際の対処の方法など、それ以外に気になる質問にお答えさせていただきました。

 

プレイヤーでルールを確認した後は実際にカジノディーラーの席でお客様にディーリングをする練習もしてみました!初めてやってみるディーラーはとても新鮮そうで最初はぎこちないですが、教えてもらいながらやっていくとどんどん上達していましたね。

これから海外に行かれるというドキドキとこれから日本の最先端を担うカジノディーラーになれるというワクワクがとても伝わる研修内容でした!

 

日本でどんどん動き出しています!!

2016年の12月にカジノ法案(IR推進法案)が決まってから、2020年のオリンピック後の建設に向けて数多くの企業が動き出しました。その一つの大手セガサミーホールディングスは韓国最大規模のIR(統合型リゾート)施設「パラダイス・シティ」に出資をしました。

日本ではカジノは勿論ありませんが、既に大手の企業様は今後の日本カジノに注目していて、今まで日本に馴染みが無かったカジノも、多くの方が健全なカジノを経験しています。

その中で日本カジノ学院は「健全なカジノ」を普及するべく、関西と関東を中心に多くの方にカジノ体験・研修を行っています。