投稿日:2018/01/28

カジノ視察 in シンガポール

渋谷校のスタッフがシンガポールにてカジノの視察に行ってきました。

マリーナベイサンズ

日本のIRの見本として日本のIR議連の方はもちろん大阪の府知事、安倍首相なども視察に訪れているマリーナベイサンズ

高級ブランドが立ち並ぶ一角にCASINOへの入り口があります。

入口はしっかりとしたセキュリティーがあり、シンガポール在住の方は別の入り口があります。日本人のスタップもいますが、多くのスタッフが日本語を片言でも話せる人たちが多く、中は4階建て。3階以上は会員カードを持っていないと入れない様になっています。

ルーレットでの投球は自動ではなくディーラーがしっかりと投げており、投げ方を変えながら、お客様を楽しませてました。

そしてやっぱり人気なのがバカラ!多くの方でにぎわっており、次いで大小に多くの人が集まっていました。

リゾートの島 セントーサ!

島のすべてがリゾート施設になっているセントーサ島。

さまざまなレジャー施設、ビーチ、ホテルなど何でも揃っていて、島全体が巨大なエンターテイメント!退屈する暇なんて与えない、そんな魅力満載のセントーサ島にはアジアで日本の次にユニーバーサルスタジオが出来た場所でもある。

そんなユニーバーサルスタジオシンガポール・ホテル・水族館・シュノーケリングやエイと戯れられるプール施設のアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク、そんなレジャー施設の中にセントーサのカジノはあります。

駅直下であり、島の交通もであるバスでは入り口の目の前に停留所があるなど、交通も便利です。

セントーサ島のカジノ

入り口は地下1階にあり、(USSや水族館の入り口は1階)周りには飲食店が軒を連ねています。

カジノのレートはややサンズより高め。リゾートカジノのため、軽装で入れるため、皆さん気軽に立ち寄っていました。

カジノの中にステージがあり、生演奏や生歌を聞く事もでき、隣にバーラウンジもあるため、ゲームで疲れた人は休憩も出来ます。

ただ中はクーラーが強く半そで短パンだと肌寒く感じるため、長そでは必須です。手荷物は入り口にロッカーがあるため、そちらに預けてからの入場になります。

 

岡本先生と合流

カジノの中は撮影が禁止のため、お休みの日のランチを一緒にした時の写真です。

現在、岡本先生は12月よりシンガポールで働いているので、久しぶりの再会。シンガポール観光する際にいろいろとお勧めのレストランなども紹介してくださりました!

その他

細かいディーリングやゲームの違いは少しずつ授業等でお話が出来たらと思います。日本がIRとしての見本としているシンガポール。治安はもちろん清潔感、遊びやすさ、交通網など徹底していて、本当に学ぶことが多い視察でした。

 

有名なマーライオン:思ったより小さかったです

マリーナベイサンズの中を流れる川にはゴンドラでの移動が出来ます

セントーサ島のシスラビーチ 南国感が満載です

シンガポールと言えばチリクラブ!USSのお隣のレストランでいただきました。

USSにあるジェラシックワールド!アトラクションにはカッパは必須です。