カジノについての知識が全くない方も心配いりません。
知識・経験「0」ゼロから丁寧に指導します。
ゲームルールからディーリングまで、知識と 技術を学べます。

トータル本科コース

こんな方に向いています

  • プロのカジノディーラーとして働きたい方
  • 全国で学院の講師として働きたい方
  • 海外でカジノディーラーとして働きたい方

このコースでは、カジノディーラーになるための基礎知識を身につけることができます。
バカラ・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーの4つの教科を学んでいただき、カリキュラム終了後には、日本カジノ協会認定のライセンス取得試験を受験することができます。
この資格は当院での講師資格にもなります。

科目 時間
バカラ 10回 (1回 2.5H)
ブラックジャック 10回(1回 2.5H)
ポーカー 10回(1回 2.5H)
ルーレット 10回(1回 2.5H)
期間
6ヶ月~1年(集中コースも可)

カジノ英会話レッスン

カジノディーラーに必要になってくる基礎的な英会話力 (各2.5H×10回)

期間
3ヶ月

※ トータル本科コースを受講している方のみ

個別学科専攻コース

各ゲーム毎で学べる入門コースです。1つのゲームから始めていただくことで、カジノゲームを知ってもらい次のステップを目指していただく方のためのコースです。

科目 時間
バカラ 10回
(1回 2.5H)
ブラックジャック 10回
(1回 2.5H)
ポーカー 10回
(1回 2.5H)
ルーレット 10回
(1回 2.5H)

追加オプションイベント等で活躍可能なコースです。

ポーカー受講者の方がさらにトーナメントポーカーに特化した教科を学ぶことができます。
現在、日本各地で行われているポーカートーナメントでのディーラー育成を目的とし、卒業後はポーカートーナメントディーラー試験の受験資格を得ることができます。

科目
ポーカーテキサスホールデム x 10回(1回 2.5H)
期間
3ヶ月

科目紹介

  • ルーレット

    ウィール(回転盤)は均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されている。ポケットには赤か黒かの色がついており、0と00は緑色である。ウィールの種類はヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルの2種類が主流であり、ウィールの種類によって数字の並びやオッズが異なる。
  • ブラックジャック

    プレイヤーはディーラーとの間で1対1の勝負を行う。つまり、プレイヤーが複数いる場合には、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになる。各プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの点数の合計を21に近づけ、その点数がディーラーを上回ることである。
  • バカラ

    バカラとは「バンカー」と「プレイヤー」の仮想の二人による勝負を、どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲームである。実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、客が出来ることは予想することだけで、それ以外でゲームに介入することが出来ない。
  • ポーカー

    ポーカーは、ハンドの強さを競うゲームである。相手をフォールドさせれば、ハンドの強さに関わらず勝つことが出来ることから、ブラフに代表される心理戦の占める割合の高いゲームであるとされる。勝ち負けの数にはあまり意味が無く、勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするための総合的な戦術がより重要である。

入学から卒業までの流れ

  • STEP.1体験入学
    まずは、お問い合わせフォーム
    またはお電話にてご予約ください!
    STEP.1 体験入学
  • STEP.2入学
    入学金28,000円(税別)
    教材費 各5,000円(税別)
    ※科目毎
    STEP.2 入学
  • STEP.3学科授業
    カジノの基礎知識や現況、
    ゲームルールまで丁寧に学習できます!
    STEP.3 学科授業
  • STEP.4実技
    初めての方でも安心で
    親切丁寧な指導を受けられます!
    STEP.4 実技
  • STEP.5卒業
    カジノディーラーとしてスキルを活かせる
    職業などをバックアップ!
    STEP.5 卒業
  • 日本カジノ協会発行ライセンス試験
    ご自身のスキルに合わせて
    是非チャレンジしてみてください。
    インストラクター試験

学費納入規定

  1. 学費は一括納入(お振込みまたはスクール事務局窓口にて納入)が原則ですが、分納もご相談可能です。
  2. 学費はお振込またはスクール事務局にて納入の他、クレジットカード、教育ローンでのお支払も出来ます。
  3. 学費が指定された期日までに届出なく納入されない場合は、入学を辞退されたものとみなします。
  4. 入学日以降、納入された学費は原則として返還いたしかねます。
  5. 事由により、未受講の授業回数分の授業料は返金いたします。