カジノについての知識が全くない方も心配いりません。
知識・経験「0」ゼロから丁寧に指導します。
ゲームルールからディーリングまで、知識と技術を学べます。

プレミアムコース

海外カジノ研修が付いた
最も人気のコース

エキスパートコースに実際のIRでの研修が2回付いたプランになります。
卒業後より即戦力として現場に則した動きができる様に、IRの裏側を卒業前から実際に学ぶことの出来るコースです。
通常の海外旅行などでは知ることの出来ないリアルなIRの現場を学ぶ事が出来ます。

科目 時間
オリエンテーション・基礎 1回 (1回 2.5H)
ポーカー 13回(1回 2.5H)
ルーレット 13回(1回 2.5H)
バカラ 13回 (1回 2.5H)
ブラックジャック 13回(1回 2.5H)
IRキャリアUPクラス 5回(1回 2.5H)

※毎回訪問先や内容は変動します。年に3回ほど海外研修は実施されます。
※海外カジノ研修の宿泊費、エアー代は別途かかります。

実際の研修の声 印象に残ったこと

【研修の声①】初めての海外旅行がIR研修だったため、全てが大きくて豪華でびっくりしました。 ディーラーの研修ルームでの研修で大小やバカラなどを実際に現場で使用しているテーブルや機器を使い研修が受けられたことが一番印象に残りました。 自分の技術が現場で通用することがわかって自信にもつながりました。
【研修の声②】カジノ研修での一番の印象はサベイランスルームでの研修でした。 海外旅行でカジノやIRには行ったことはありましたが、バックヤードなどはもちろん、サベイランスルームの中や監視カメラの様子などは、普通の観光では見ることができないため、とても貴重な経験ができました。
【研修の声③】一番研修で印象に残ったのは、1人ひとりがPASSをもらい、自由にバックヤードに出入りが出来たことです。バックヤードが広いため、初めは迷いそうになりましたが、職員食堂などではいろいろな方と交流をすることもでき、生の声を聴くことが出来ました。自分がIR企業の一員になったような気がして、日本にIRができた時が、とても楽しみになりました。

エキスパートコース

総合的な知識を身につけて
一つ上のレベルに

  • プロのカジノディーラーとして働きたい方
  • 海外でカジノディーラーとして働きたい方

基礎講座にプラスして VIP ルーム対応スキルはもちろん、1つ上のポションであるスーパーバイザーに必要なテーブルバランスの管理方法や、トラブルの対応方法も学べます。
また座学ではIR のマネージャークラスになる為に必要な総合的知識として人材育成の方法、マーケテング、マナー、依存症など幅広い知識を身に付ける事ができ、将来自分に合った部門での管理職を目指すことが出来ます。

科目 時間
オリエンテーション・基礎 1回 (1回 2.5H)
ポーカー 13回(1回 2.5H)
ルーレット 13回(1回 2.5H)
バカラ 13回 (1回 2.5H)
ブラックジャック 13回(1回 2.5H)
IRキャリアUPクラス 5回(1回 2.5H)

*IRキャリアUPクラスでは責任のあるゲーミング・マーケティング・人材育成などを学びます。

トータル本科コース

ディーラーの基本を学ぶことができます。

このコースではディーラーになるための基本を学ぶことができます。
バカラ・ブラックジャック・ルーレット・ポーカーの4つの科目を学んでいただきます。

科目 時間
IR基礎講習 2回
(TOTAL 2.5H)
バカラ 10回
(1回 2.5H)
ポーカー 10回
(1回 2.5H)
ルーレット 10回
(1回 2.5H)
ブラックジャック 9回
(1回 2.5H)

個別学科専攻コース

1つの授業から選べます

1つのゲームから始めていただき、次のステップを目指す為のコースとなります。

  • IRキャリアUPクラスでは責任のあるゲーミング・
    マーケティング・人材育成などを学びます。
科目 時間
ポーカー 15回
(1回 2.5H)
ルーレット 10回
(1回 2.5H)
バカラ 8回
(1回 2.5H)
ブラックジャック 8回
(1回 2.5H)
科目 時間
IRキャリアUPクラス 5回(1回 2.5H)

追加オプション

自分の技術と知識を増やしたい方へ

  • 英会話レッスンはECCの講師によるレッスンの為、毎週決まった曜日での開講となります。
  • 追加技術とはエキスパートコースにて追加で学ぶ内容となります。
  • 年に3回ほど海外カジノ研修は実施され、毎回訪問先や内容は変動します。
  • 海外カジノ研修の宿泊費、エアー代は別途かかります。
科目 時間
カジノ英会話 10回
(1回 2.5H)
IRキャリアUPクラス 5回(1回 2.5H)
追加技術 12回(1回 2.5H)
海外カジノ研修 1回

海外研修

オーストラリア研修の内容(5泊6日)

Training.1
英語研修
Training.2
カジノバックヤードツアー
Training.3
実際のお客様の前で実演
Training.4
パーティー

今回初めて参加致しましたが、
とても内容が充実していたと思います。

今回初めて参加致しましたが、とても内容が充実していたと思います。教わる中で、人の良さがとても良く伝わってきました。オーストラリアの人達は皆んなこんな人達なのかなぁ?だったらこの国で働きたいよぉ。と、私も含め皆んな口々に言っていました。
ただ、英語を自由に話せない事がもどかしいので、やっぱり、もっともっと勉強しないといけないとつくづく思いました。またアテンドしてくれた女性は同じ2人の子供を持つ母親として尊敬します。私も見習わないといけないと感じさせられました。

早く留学して働きたいという気持ちが強まり、
やる気が桁違いに向上しました。

今回のカジノ研修を通して感じたことの1つは、日々の授業がしっかり生きているということです。正直自分も頑張れば働けるレベルまでにはなれると感じました。
そしてそれが今後のやる気と自信に変わりました。2つ目の大きな実感としては、色々なお話を伺う中でスタッフへの手厚い雇用条件や環境などカジノで働く事がとても魅力的でストレスなく働ける環境にあると言うことがわかったことです。しっかり本場を見ることで今まで想像のなかでしかなかったディーラーという存在がこんなにも近いものなんだということを感じられ、早く留学して働きたいという気持ちが強まり、やる気が桁違いに向上しました。

自分たちが習ったことが同じように
通用するということを実感できました。

カジノに行ったのも初めてでしたが、手順は違ってもやっていることは結局同じで自分たちが習ったことが同じように通用するということを実感できました。実際のカジノのディーラーを見て1番差を感じたのはゲストがいることを前提としてディーラーをやっているという当たり前の部分でした。
ゲストを見てベットの受付を締め切る、配当をつける時に相手の目を見る、などなど接客業としての部分をもう一度考えてみようと思いました。

日本にカジノができることが
もっともっと楽しみになりました!!

オーストラリアで色んな人と出会って、やっぱり英語をしゃべれるようになりなくなったし、プロのディーラーから色んなことを教えてもらって実際にお客さんの前でディーラーして、もっと練習しなきゃって思ったし、研修に関わる現地スタッフさんたちが日本のカジノの成功を願っているのをみて、日本にカジノができることがもっともっと楽しみになりました!!留学やワーホリをだいぶ前からしてみたかったのですが、なかなか一歩踏み出すことができないままでしたが、この研修を機に真剣に考えてみようと思います!!!

補習講座

技術をもっと高めたい方へ

「一般社団法人 日本カジノ協会」認定試験を受ける前・後にもっと技術を身に着けたい、苦手を克服したいという方に追加で1講座から、自分が学びたいゲームを選択して選ぶことができます。

回数 時間
1回 1回 2.5H
5回 1回 2.5H
10回 1回 2.5H

リハビリ講座

久しぶりにカジノに触れる方へ

日本カジノ学院を卒業後、半年以上経過している方限定の講座になります。ブランクがあり、実際の面接などの前に技術を再確認したい人や、勘を取り戻したい人。回数のうちから、ゲームはご自分で選択可能です。

回数 時間
5回 1回 2.5H
10回 1回 2.5H

科目紹介

  • ルーレット

    ウィール(回転盤)は均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されている。ポケットには赤か黒かの色がついており、0と00は緑色である。ウィールの種類はヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルの2種類が主流であり、ウィールの種類によって数字の並びやオッズが異なる。
  • ブラックジャック

    プレイヤーはディーラーとの間で1対1の勝負を行う。つまり、プレイヤーが複数いる場合には、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになる。各プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの点数の合計を21に近づけ、その点数がディーラーを上回ることである。
  • バカラ

    バカラとは「バンカー」と「プレイヤー」の仮想の二人による勝負を、どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲームである。実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、客が出来ることは予想することだけで、それ以外でゲームに介入することが出来ない。
  • ポーカー

    ポーカーは、ハンドの強さを競うゲームである。相手をフォールドさせれば、ハンドの強さに関わらず勝つことが出来ることから、ブラフに代表される心理戦の占める割合の高いゲームであるとされる。勝ち負けの数にはあまり意味が無く、勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするための総合的な戦術がより重要である。

入学から卒業までの流れ

  • STEP.1学校説明・オープンスクール
    まずは、お問い合わせフォーム
    またはお電話にてご予約ください!
    STEP.1 オープンスクール
  • STEP.2入学
    1. 入学金100,000円(税別)
    2. 【教材費】
    3. トータル本科コース20,000円(税別)
    4. エキスパートコース・プレミアムコース30,000円(税別)
    5. *入学金には施設使用料も含みます。
    STEP.2 入学
  • STEP.3実技
    初めての方でも安心で
    親切丁寧な指導を受けられます!
    STEP.3 実技
  • STEP.4学科授業
    カジノの基礎知識や現況、
    IRの仕組みなど様々なことを学ぶことができます。
    STEP.4 学科授業
  • STEP.5カリキュラム修了
    卒業ランク(A/B/C/D/E)
    カジノディーラーとしてスキルを活かせる
    職業などをバックアップ!
    STEP.5 卒業
  • STEP.6日本カジノ協会発行ライセンス試験
    自分にあったレベルの試験が受けられます。
    オープンとアドバイスの2つのレベルがあります。
    インストラクター試験

学費納入規定

  1. 学費は一括納入(お振込みまたはスクール事務局窓口にて納入)が原則ですが、
    分納もご相談ください。
  2. 学費はお振込またはスクール事務局にて納入の他、
    クレジットカード、教育ローンでのお支払も可能です。
  3. 学費が指定された期日までに届出なく納入されない場合は、入学を辞退されたものとみなします。
  4. 入学日以降、納入された学費は原則として返金致しかねます。
    詳しくは願書裏面をご参照ください。

ひとつずつステップアップ

全ての仕事の基礎となるものが、カジノディーラーの技術と知識である。そして、ディーラーという仕事は綺麗な三角形を構成しています。飛び級でステップアップすることはほとんどなく、まずはディーラーから始めて、ひとつずつステップアップして行くことになります。カジノが日本にない今の時期だからこそ、日本にカジノが出来た時にアミューズメントカジノではなく海外でディーラーとして働いていた、講師としてカジノディーラーの育成をしていたという経歴は、日本にカジノができた際、貴重な人材として高待遇や管理職として就職できる可能性が高い。
また、IRカジノに関連する職種の管理職・マネージャークラスの人たちは元カジノディーラーであることが多い。日本カジノ学院が提携しているIRカジノでは、すべてがディーラーとしての知識がある人達しか、他職種でもランクアップすることはできないと言います。たとえエンターテイメント部門やレストラン関係、セキュリティー部門、VIP対応、ホテル関係、各種受付、ショッピングセンターの管理、営業職、広報職などでも全てディーラーとしての基礎研修を受講する等、徹底している。

日本カジノ学院ではディーラーとして上を目指す人だけではなく、大学や他の会社などで学んだ知識やスキルを活かし、他の部門でも上を目指せるように様々なことを学ぶことが出来ます。
そして、あるマカオの大手カジノではディーラーがフロアに出る前には必ず全身鏡で身だしなみをチェックします。その鏡には「YOU ARE THE STAR!」と大きくプリントされています。

ひとつずつステップアップ

お客様を輝かせ楽しませる

「カジノディーラーという仕事はスターである。」そのことを常に意識することが必要であり、
だからこそお客様を輝かせ楽しませることができるという考えです。
日本カジノ学院で次のスターを目指しませんか??

カジノディーラーの世界はピラミッド構造

カジノフロアでは、1日24時間、ひとつのフロアで数百テーブルでゲームが行われ、そのための管理体制を敷いています。テーブルゲームのディーラーや監督責任者は、1日3交代シフトのため、多くのディーラーが必要とされています。

カジノディーラーの世界はピラミッド構造