• 日本カジノ学院 代表

    CEC株式会社 代表取締役社長

    氏名 贄田 崇矢(にえだ たかや)
    生年月日 昭和46年2月22日
    略歴 一級建築士の資格を持ち、大学時代の卒業設計企画に「お台場カジノ計画」を企画する。
    2014年9月にCEC株式会社を設立し、2015年4月に「日本カジノ学院」を開校。
    日本のIRに向けてディーラー育成を重視し、日本全国に日本カジノ学院を展開する。

ご挨拶

2016年にIR法、2018年にはIR実施法が成立したことにより、いよいよ日本におけるIR施設の開業が近づいて参りました。ニュースやネットでは「カジノ」という言葉がよく取り上げられていますが、実際にはカジノのみならずコンベンションセンターや様々なエンタテイメント施設などが集まる「複合型リゾート施設」がついに日本に誕生するのです。

私どもは、IRの中核を担う人材でもあるカジノディーラー育成学校として2014年に学院を設立しました。
そして、ただディーラーとしての技術を教えることにとどまらず、日本人だからこそできる繊細な技術やおもてなしの精神を持つディーラーを育成することを目標に掲げて参りました。

IRにはカジノディーラーだけでなく様々な職種が存在します。その中には、カジノディーラーから様々な職種を経て、最終的にカジノ全体を統括する管理者や一般企業同様、人事・営業・経理・マーケティングといったものがあります。そして管理者という職においては、現場でのカジノディーラーとしてのとしての経験が必要であるといった考えが関連企業では主流となっています。
つまり、カジノディーラーに必要な知識は、カジノIR施設で働くに際して「必要最低限の知識」なのです。

そこで、日本カジノ学院では、カジノ施設において中核となる人材の育成だけでなく、様々な職種を経て多くの経験を持った方々にカジノディーラーの知識と技術を学んで頂き、IR施設で更なるキャリアアップを目指し、IR施設における「要」となる人材の育成に力を入れて参ります。

是非、これから活躍の多い「IRの業界」を、日本カジノ学院から始めてみませんか?