投稿日:2017/11/19

2017年マカオゲーミングショーが開催、日本からピクセルカンパニーズが日本IRブースを出展!そこで日本カジノ学

 

先日マカオゲーミングショーが行われ、そこで日本のピクセルカンパニーズがIRブースを出展、そこへ大阪、東京でカジノディーラー養成をする日本カジノ学院が招待され、紹介されました。

 

11月15日、「Macao Gaming Showエンターテイメントショー2017~クリエイティビティ&イノベーション」(MGS2017)は二日目を迎えた会期は、11月14〜16日。

二日目は、ピクセルカンパニーズ株式会社(JASDAQ公開、コード:2743)の「日本IRブース」(ブース番号:AF19)は、メインイベントを開催。

Macao Gaming Show主催者であるMacau Gaming Equipment Manufacturers Association(マカオゲーミング機器製造事業者協会)のジェイ・チュン(Jay Chun)会長、歌手・女優の酒井法子さんがトークセッションを実施。

酒井法子さんは、ブース内に資料提供した長崎県(佐世保市)、和歌山県(和歌山市)、苫小牧市(北海道)、釧路市(北海道)の魅力をPRした。

また、メインイベントの後、、「カジノIRジャパン」運営のキャピタル&イノベーション株式会社代表小池隆由氏が「日本型IRの事業機会、今後のスケジュール、IR事業コンソーシアムの在り方」について講演した。

MGSは、Macau Gaming Equipment Manufacturers Association(マカオゲーミング機器製造事業者協会)。前回の出展者数は約170、来場者数は、約1万4000人であった。

マカオでは、例年5月にG2E Asia(2017年が11回目)、11月にMacao Gaming Show(同5回目)が開催される。

G2E Asiaは、American Gaming Association(アメリカゲーミング協会)とReed Exhibitions(国際展示会大手リード・エグジビションズ)の共催。
Macao Gaming Showは、Macau Gaming Equipment Manufacturers Association(マカオゲーミング機器製造事業者協会)が主催。
主催者は、前者は米国事業者系、後者は地元マカオ事業者系と色分けされる。

Macao Gaming Showは、2013年にスタートし、拡大基調を続けてきた。最近、G2E Asiaと拮抗する規模感となった。


(写真)左より、MGEMA会長ジェイ・チュン(Jay Chun)氏、酒井法子さん、ピクセルカンパニーズ吉田弘明社長

■MGS開催概要
名称 :MGSエンターテイメントショー2017~クリエイティビティ&イノベーション
開催日:2017年11月14日(火)~11月16日(木)
10:00~18:00(最終日~17:00)
会場 :The Venetian-Macao-Resort-Hotel CotaiExpo Hall A&B
主催 :Macau Gaming Equipment Manufacturers Association(MGEMA)
MGSエンターテイメントショー公式ホームページ■ピクセルカンパニーズ株式会社 概要
企業名:ピクセルカンパニーズ株式会社(JASDAQ コード:2743)
代表者:代表取締役社長 吉田 弘明
所在地:東京都港区六本木六丁目7番6号 六本木アネックス7階
設立 :1986年10月6日
事業内容:グループの経営方針・戦略策定及び経営管理

引用:カジノIRジャパン

日本カジノ学院ブース

日本カジノ学院ブース

 

世界中が注目をしているIR事業ですが、段々と国内の企業の動きも積極的になってきました、この波に取り残されることないように日本のカジノ事情には常に敏感でいましょう。

2018年はIRカジノについて今までのどの年よりも間違いなく動く年となるでしょう。日本カジノ学院は日本一のカジノディーラースクールとして日本を牽引していき、カジノ業界にも大きな貢献を残していきたいと思います。