日本カジノ学院 オーストラリアカジノ研修
日本カジノ学院 桜倶楽部

日本カジノ学院とは?

今まで日本になかった新しい職業
それが、プロのカジノディーラーです。

2020年以降に向けて、日本に初めてカジノが出来ます。
そこでプロの仕事として新しい職業「カジノディーラー」が誕生します。

日本カジノ学院はプロのディーラー養成専門学校として、全国に学院を展開しております。

海外では、「手に職」の技術者としてなりたい職業ランキングの上位にくる人気の職業ですが、
日本では、まだイメージも良くないので、実は新しい職業として
今気づいた人がプロのディーラーという仕事のリーダーになれるチャンスの時なのです。

一般社団法人日本カジノ協会の認定校です。
日本カジノ学院では、カジノ知識・経験のない方でもゲームルールからディーリングまで、
更には専門的技術・知識を学べる様々なコースをご用意しています。

学校授業はお1人おひとりに合わせたプログラムが作れます。
現在、全国に展開を予定しているので、お近くの学院を選んでいただけるようになります。

日本ではまだ馴染みのない「カジノディーラー」ですが、世界では人気の職業です。
これからの職業、これからのあなたを日本カジノ学院は応援します。

日本カジノ学院が選ばれる理由

全国展開中!

現在、渋谷本校、大阪校、名古屋校、福岡校、札幌校をはじめ、
全国展開している学院でオープンスクールと授業を開催しています。
1年以内に池袋校、新宿校、横浜校、千葉校と随時開校予定です。
将来的に全国各地での開校を目指しております!

月間新規入学生徒数急上昇↗↗

ディーラー講師多数所属

日本カジノ学院だからできる事!日本カジノ学院の強み

  • 随時入学可能 個別授業&回数制日本カジノ学院では1人ひとりに合わせたペースで授業を行っています。
    授業に来るのは生徒のスケジュール次第。土日・平日関係なく通う事が出来ます。年末年始以外は決まった休みはありません。
    (イベント・社内研修等の理由で休みとなるときはあります)
    授業は毎回5~8人程度のグループですが、生徒2~3人に対して1人の先生が必ずついています。また1レッスン2時間半あり、途中苦手な部分や個人の進捗状況に応じてマンツーマン指導も入ってきます。
    例えるなら「自動車教習所」と同じような通い方です。自分が来れるときに受講する事が出来、通学のペースも人それぞれ。当日来校したときに、その人の進み具合に応じて授業内容が決まります。ですので、授業についていけるか不安・・・。と言う心配はいりません。
    回数制の為、早い人は2か月程度で全て終了する方もいれば、大学や仕事と両立させながら6か月~1年通う生徒さんもいます。

  • カジノディーラー
    育成スクール・学校全国展開
    日本カジノ学院は現在唯一全国展開を行っている学校です。現在は渋谷本校・四谷校・大阪校・名古屋校・福岡校・札幌校があり、近日には横浜校、池袋校、沖縄校が開校予定です。そして1年以内に新宿校、千葉校と随時開校予定です。今後も全国各地に学校を増やす予定の為、飛行機や新幹線で通学したり、わざわざ部屋を借りる心配はありません。

    どの学校でも情報や技術力を共有・周知・カルテ管理しているため、しっかりとした授業を受けることが出来ます。

    また仕事やプライベートで引っ越しをしても最寄りの学校へ転校できます。日本カジノ学院はどの学校でも自由に学べます。

  • 自主練ができるカジノディーラーの技術を学ぶ上で一番のネックは家での自主練があまりできないという事です。日本カジノ学院では在校中・卒業後も自由に教室を使って自主練をする事が出来ます。
    人数の兼ね合いもあるため、事前に予約は必要ですが教室の物品を使用し気軽に毎日自主練でき、授業前や授業後も練習できるため、技術の向上が早いです。

  • ネイティブな英語が学べる日本カジノ学院はECCと日米語学院との提携を行っています。そのため、どの学校でもネイティブな英語を学ぶことが出来ます。
    日常会話と言うよりはカジノディーラーとして必要な英語を学ぶことができるのも魅力的です。また、留学やTOEICで高得点を取りたい方も相談出来ます。

  • 豊富な進路 国内外でしっかりと働ける卒業後の進路として、シンガポール、ベトナム、フィリピン、カナダ、ニュージーランドなど日本人が働けるカジノで働く事が出来ます。カジノによっては日本で面接をする事が出来るため、日本語で日本人が対応してくれます。また、日本カジノ学院卒業生にしか知ることの出来ない求人もあります。
    また、日本カジノ学院は卒業後に当社員として働きたいという方を随時募集しています。全国展開しているため、希望の勤務地でしっかりとした社員としてカジノに携わることが出来ます。現在は海外でカジノディーラーとして働いていた方、船の中や各地にあるアミューズメントカジノでアルバイトをしている方、イベント派遣スタッフだった方などが正社員として働きたいと応募が増えています。

実際の在校生・卒業生の声

  • 井上蒼士さん
    早稲田大学 3年生大学で進路を考えた時に日本の職業が飽和状態の中、自分には何が出来るだろという気持ちになった。そんな時に日本にカジノが出来ると聞いて関心を持ち、日本にはない職業の為、これなら今からやっておけば自分が中心となる人材になれるのではないか、先駆けになれるのではないかと思い、ネットでいろいろと検索をしていた時に日本カジノ学院を知り、資料請求をしました。その後オープンスクールに行き、ディーラーと言う仕事の将来性を感じ、自分も学びたいと思ったのがきっかけです。一番心配だった学校との両立も、学校に通いながらでも好きな時に通う事が出来き、無理なく通えるという事を知り決意しました。将来は語学力を活かして海外で働き、日本にカジノが出来た時に日本に戻ってきたいと思います。
  • 亀田祐一さん
    金融業界 会社員日本の金融業界が不安定の中、自分の会社もリストラで多くの人材を削減することを知り、自分の将来に不安を感じ何か仕事をしながらでも取れる資格を探した時に、カジノの話を会社で聞き、ディーラーと言う仕事の興味を持ったのがきっかけでした。平日は通う事が出来きず、週末だけになってしまい、時々は全く1週間通えないような時期もある為、授業についていけるのか、忘れてしまわないのか、しっかりと技術を習得できるのかが不安でした。しかし、空いた時間に自主練に行くこともでき、授業前なども練習ができるため、これなら忙しい自分でも仕事をしながら通えると思いました。実際に自主練に行くと同じように自主練をしている人と手技を確認しあったり、指摘しあったりすることが自分のやる気を起こさせ、仲間意識も出てくるため、学校に行くことがいい気晴らしとストレス発散にもなり、楽しく通う事が出来ました。
カジノ業界に転職しよう!

最近、ブラック企業と言う言葉が多く聞かれ、休みがない・残業が多いなど
働き方を見直す方も多い。
そんな中、IRの業界ついて紹介します。

IR施設で働く人たちはたくさんいます。
直接雇用だけで1つのIR施設で約1万人、
100種類の仕事があるといわれています。
その中でカジノディーラーという職種は
中核を担う存在です。

一般企業と同じで人事や営業といった
本部の仕事に加えて、IRとしてのホテル部門、
エンタテイメント部門、セキュリティー部門、
そして要となるカジノ部門など様々な部門があります。

カジノ部門では大きく分けて、①ゲーミング部門、②ケージ部門(会計)、③サーベイランス部門、
④セキュリティー部門の4つの部門があります。

カジノディーラーという仕事は、ゲーミング部門において、テーブルゲーム課に属しています。
そしてカジノの現場はディーラーから始まり、様々な職種を経て最終的にはカジノ全てを統括する管理者まで、
きれいなピラミット構造となっています。
そのため、キャリアアップするには現場を経験するカジノディーラーという仕事が大切なのです。
つまりカジノディーラーに必要な知識はカジノIR施設で働くに際して必要最低限の知識なのです。

多くのIR施設の売り上げの中核をカジノが担っているという意味もありますが、
ある大手IRオペレーション企業では、ほとんどの仕事の管理職は、必ず現場でカジノディーラーを
経験していなくてはいけないという決まりがあるくらいです。
そのため、そのままカジノの中で上を目指す人もいれば、カジノのディーラーの知識だけ勉強し
IR施設の他職種へのキャリアアップを考えている人もいます。
つまり、いろんな仕事の管理職の人を見るとカジノディーラーだったという人が多いからこそ、
カジノIR施設における要といわれているのです。

そのため、日本カジノ学院では学院を卒業して就職が決まった際には「仕事を始めるのではなく、
人生のキャリアを始める」という考えを皆さんに伝えています。カジノのある世界で働いてみませんか?

カジノで働くには
どうするの?
カジノディーラーは海外でも人気職なため、様々な学校が各国にあります。専門学校や4年生の大学にカジノ専攻やCertificated program、エンターテインメント管理学、などでカジノディーラーについてや、フロア管理者、不正監視者など、カジノの現場に必要な専門的技術と知識を学んでいきます。学校を卒業後、学校や協会の出している認定書や卒業資格によって優劣がある国もあります。ラスベガス等ではダウンタウンなどのカジノを経て、徐々に高級ホテルのディーラーにランクアップしていくのが一般的ともいわれています。
また面接では、一般的な就職面接に加え実技の審査がある場合もあります。ワーキングホリデー等で日本人がカジノディーラーとして働ける国もあるが、日本人が海外で働くにはビザの申請に加え、実技試験や必要資格があり断念したという方も多いです。

日本にいながらカジノで働くには

どうしたらいいのか??

技術を学ぶ

まず働く前に技術を学ばなくてはいけません。現在の日本では多くのアミューズメント施設があります。
アミューズメント施設で働くとなると、店舗の研修としてカジノのディーリング技術を学ぶことが出来る所もあります。
もう一つは学校で学ぶという手があります。そのメリットとデメリットを紹介します

① アミューズメント施設で学ぶ

メリット
働きながら勉強できる・お客さんと楽しく学ぶ
デメリット
アミューズメント施設で流行っているゲームしかうまくならない・世界のカジノでは働くことが出来ないことが多い・手に職にならない

② 学校で学ぶ

メリット
学校の技術は世界共通の基準技術のため、海外のカジノでの注意点などゲーム内容以外の細かいところまで 学べる・メインとなるゲームが全て学べる・カジノ業界につい ても学べる
デメリット
IRカジノの現場に出るための授業のためレベルが高く内容もとても厳しい

働く場所を選ぶ

まずはどこで働きたいのかを考え、計画を立てることがいいでしょう。
海外のカジノで働くか・日本のカジノで働くかと言う事も肝心ですが、まだ日本にカジノがないため、
日本にカジノが出来たら働きたいか?と言う考えることがあるかどうかです。

海外のカジノで働きたい

海外で働くには最低限の語学力が必要です。また、日本人が働けるカジノは限られており、 シンガポール・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ベトナム・フィリピンなどが日本人でもカジノで働けます。

日本で働きたい

当学院の講師スタッフとして働く事も出来ます。現在、全国展開を行っているため、スタッフを募集しています。しっかり社員として日本のカジノ業界で働きたい方や将来は海外に行きたいという人、海外から日本に戻ってきた人などいろいろな方が働いています。また他の業種からカジノ業界に将来性を感じての転職してきた人も多いです。また、希望者にはアミューズメントカジノでも働く事は出来ます。
  • オープンスクールのお申込みはこちら
  • 資料請求はこちら

世界のカジノで働くには

海外研修付きなど人気の高いコースもありVIPルーム対応スキルやディーラーの上のポジションに必要なテーブルバランスの管理、マネージャークラスになるための総合的な知識など幅広く勉強することができます。海外IRでの研修が付いたコースなどでは、より現場に即した知識を得ることができます。 コース詳細をもっとみる

お知らせ

お知らせをもっと見る

各校のブログ

ギャンブル依存症対策について

運営者側の自主的な対策2018年7月ギャンブル依存症対策基本法とIR実施法が成立しました。今後は、カジノに限らず、既存の公営競技や事実上のギャンブルであるパチンコも含めた依存症対策が実現されていきます。
2017年、厚生労働省の調査によると日本のギャンブル依存症の推定罹患患者数は人口の3.6%つまり約320万人であると発表がありました。これは他国と比べると圧倒的に高い比率です。(アメリカ1.4%、香港1.8%、韓国0.8%、カナダ0.9%)
ただ、既存のギャンブル含め今後あらたに実施されるカジノに対して一番重要なことは運営者側の自主的な対策だと思われます。しかし、日本は最後発のカジノであることから、世界140か国の既存のカジノで対策などを参考にすることにより、依存症を未然に防ぎ、罹患者を減らすことが出来ます。
運営者側の自主的な対策
高い顧客対応能力実際に、シンガポールは2011年に2.6%いたギャンブル依存症患者が2014年には0.7%と減少を見せています。対応の1つとしてマリーナベイ・サンズでは、親会社ラスベガス・サンズ社の主導で、ギャンブル依存症対策アンバサダーによる従業員に対する育成プログラムが実施されており、ギャンブル依存症に悩む顧客へのサポートを想定した、高度な知識の共有を行っています。このプログラムを受講した従業員は、マリーナベイ・サンズに24時間常駐しています。また自国民のみ入場料を取るなどの対応を行っており、日本での対応案はシンガポールなどを参考にしていることが多いのです。

また、イギリスのカジノでは自主的な対策を求めるガイドラインもあり、ヒッポドロームカジノではディーラーのほかに各フロアに最低2人のマネジャーが常駐。依存症を疑わせる兆候が見られた客にはギャンブルをやめるよう説得にあたるといいます。大切なことは「従業員は全員が厳しい訓練を受けており、高い顧客対応能力を持っている」というように現場にいる人間(ディーラー)が依存症かどうかを判断できる一番近い立場で対策が必要であるという事だと思います。

日本カジノ学院では、ディーラー技術だけではなく、依存症対策の対応もできる人材を育成していきます。
高い顧客対応能力
メディア掲載情報
  • CASINO JAPAN

    『CASINO JAPAN』に弊社代表の贄田が特集されました。

  • WBS

    ワールドビジネスサテライトに日本カジノ学院が特集されました。

  • 宝島社

    『カジノと日本経済 (別冊宝島 2549)』に掲載されました。

  • サンデー毎日

    「サンデー毎日 会社の流儀BLOG」に弊社代表の贄田が特集されました。

  • NHK

    NHK大阪のTV番組、ニュースホット関西にて日本カジノ学院大阪校がカジノディーラー養成スクールについて特集されました。

  • 日刊ゲンダイ

    日刊ゲンダイ新聞の pic up 家庭にて日本カジノ学院がカジノディーラーは有望な職業について取り上げられました。

  • 朝日放送

    NEWS番組「キャスト」にて日本カジノ学院大阪校がカジノディーラーと今後の日本のカジノについて取り上げられました。

  • 朝日新聞デジタル

    日本カジノ学院大阪校がカジノディーラーについて紹介されました。

  • Yahoo!

    ヤフーニュースにて日本カジノ学院大阪校が紹介されました。

  • 毎日放送

    日本カジノ学院大阪校が「上泉雄一のええなぁ!」で紹介されました。

  • アミューズメントジャパン

    アミューズメント経営誌のAmusemet Japanの統合方リゾート~カジノ開業への序章~にて日本カジノ学院と代表の贄田崇矢が紹介されました。

  • 週刊ホテルレストラン

    週刊ホテルレストランの、日本版IRの全貌!The JAPANESE INTEGRATED RESORTの「カジノディーラースクールの現状」で特集されました。

アクセス

【日本カジノ学院 渋谷本校】 〒150-0041
東京都渋谷区神南1-20-10
神南興業ビル2F

  • オープンスクールのお申込みはこちら
  • 資料請求はこちら